現役看護師の勉強する時間の確保

現役看護師にとってより良い仕事をできるようにしたり、キャリアアップを目指したりする上で勉強を重ねることは欠かせません。
しかし、実情として仕事に忙殺されてしまうことは多く、なかなかいつも新しいことを学ぶための時間を確保できないで苦しむことがよくあります。
特にキャリアアップを目指す若い人にとっては切実な問題であり、キャリアアップを目指す人も増えてきていることから、そのノウハウも広まるようになりました。

最も典型的なのは職場で勉強するという方法です。
特に日中は仕事が多くて余力が全く無い場合が多いものの、病院が閉まって夜になってしまえばそれほど仕事は多くなくなります。
書類作成や記録で残業していることが多いのが現役看護師の実情ですが、その合間に勉強していることが多いのが現状です。

一方、それで残業手当をもらってしまうことが問題視されているのも確かでしょう。
学んだことを仕事に生かせるという視点で見れば残業の一部として考えることもできますが、あくまで自分のためだという視点で見てしまうと給料を払うべき勤務時間ではありません。

その問題が発生しないようにしたり、職場にいる時間を減らしたいと考えたりする看護師の場合には休日に時間を取るようにする傾向があります。
休日にだけしっかりと新しいことを学ぶというのはメリハリをつける上でも有用な方法でしょう。
残業中に行うか休日に行うというのが現役看護師が取る方法として典型的になっています。